美白化粧品を使う時に一番気をつけたいことは?

日焼け後すぐに使用しない!

紫外線対策は年中、毎日しっかり行うのが基本ですが、「ついうっかり忘れて日焼けしてしまった!」ということもありますよね。そんな時、焦って美白化粧品を使用してしまうと、かえって症状を悪化させることにもなりかねないので注意が必要です。

 

日焼け後すぐには刺激が強い

美白化粧品には、刺激の強い成分も含まれています。

 

  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体

 

こういった成分は、健康なお肌に使用すれば高い美白効果が期待できます。ですが、日焼け後のデリケートなお肌に使用してしまうと、強い刺激となり、思わぬ肌トラブルを起こすリスクが高くなるのです。

 

日焼けしたお肌にはすぐに美白化粧品を使ってケアをするのが良いと思い込んでいる方は少なくありません。ですが、赤みを持ってヒリヒリしているような状態で、これらの刺激になる可能性がある成分を含む美白化粧品は、使用しないようにしましょう。

日焼け後の正しいケアは?

では、うっかり日焼けしてしまった時にはどうすれば良いのか、気になるところですね。まず、日焼けというのは「軽い火傷である」という認識を持っておくことが大切です。つまり、対策としても火傷と同様、まずは徹底して冷やすことを重視したケアをしなければならないのです。

 

  • 冷たいおしぼり、保冷剤などでよく冷やす(日焼けの範囲が広い場合には冷たいシャワーを浴びる)
  • 火照りや赤みが落ち着いたところで、低刺激なローションなどで保湿する

 

日焼け後のお肌は、非常に乾燥しやすい状態になっています。刺激の強い美白化粧品は使用できませんが、低刺激で安心な保湿ローションなどで優しく潤いを与えておきましょう。ベビーローションなどは刺激が少なく、お肌にも負担がかかりにくいので使用しやすいですね。

 

もちろん、あまりにも症状がひどく、低刺激なローションでのケアさえ危険な状態の時には、すぐに皮膚科を受診してください。

いつから美白化粧品が使える?

日焼け直後のケアに美白化粧品がダメなら、いつから使えるのかという疑問が出てきますね。これは、「お肌の状態が完全に落ち着いてから」が理想的です。

 

よく冷やして鎮静し、しっかり潤いを与えて整え、しばらく自然治癒するように様子を見ていきます。そうして、火照りや赤みといった症状が完全に落ち着いた状態になったら、美白化粧品での働きかけを始めてみましょう。

 

美白化粧品を使用する際には、まずはランキングで人気の商品をお試しするところから始めて、お肌に刺激がないかどうか確認してから選ぶことも大切です。

関連ページ

使う回数や期間にも要注意!
美白化粧品を使用するスキンケアは、各メーカーが定めている正しい使用方法で活用していくことが大切です。大抵の美白化粧品は、「朝と夜の2回」の使用を推奨しています。これから紫外線を浴びる朝と、睡眠中のお肌の修復効果が期待できる夜。この2回のタイミングでのスキンケアを、じっくり行っていきましょう。
美白化粧品だけに頼らず予防も徹底を!
美白化粧品は「シミもくすみも改善してくれる魔法の薬」のようなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、実際には1度受けたお肌のダメージを改善するのは、そんなに簡単なことではありません。美白化粧品に頼り切りになるのではなく、予防も徹底しておきましょう。