美白化粧品は刺激はないの?

刺激が強いかも!

シミなどという肌悩みは、一昔前なら「できてしまったら仕方ない」と思われるほど、改善するのが難しいものでした。ですが、最近では美白化粧品がどんどん進化し、実際にシミ自体を薄くできるアイテムも登場してきています。ただし、美白化粧品には1つ、大きな弱点があります。それは、刺激が強いという点です。

 

美白有効成分は刺激が強い!

美白有効成分として知られるハイドロキノンやビタミンC誘導体などは、刺激が強いということが知られています。これらは美白ケアに関する有効成分としては、よく用いられるものであり、しかも非常に高い効果が期待できると言われるものです。ですが、効果が高い分、副作用のリスクがゼロではないということなのです。

 

ハイドロキノンは従来であれば、医療機関でしか処方できなかったものです。それがドクターズコスメと言われるものを中心に配合されるようになっていますが、中には安全性に疑問を感じるものもありますね。それから、ビタミンC誘導体も過剰に使用すればお肌を乾燥させるなどの副作用がありますので、注意しなければなりません。

植物成分が安心って本当!?

では植物由来の成分でできた美白化粧品なら安全なのか、というと、これも絶対とは言い切れないのが現実です。植物由来の成分であっても、全く刺激が無いとは言えません。例えば何かの植物に触れたことがきっかけで、ひどいかぶれを起こしてしまうという人はいますよね。

 

化粧品に配合される植物成分は安全性にも配慮されたものではありますが、中には合わない人というのもいます。植物成分だからといって安心しきるのではなく、まずは自分自身のお肌でパッチテストをして、刺激に感じたり異常が発生しないかを観察しましょう。

どんな美白化粧品なら安心!?

例えば刺激が強いことで知られるハイドロキノンでも、ドクターが監修したラグジュアリーホワイトや皮脂に近いカプセルで包んで肌の奥に届けるビーグレンなどは、安心して使用しやすいですね。これらは肌表面に強い刺激を与えることなく、しかもシミに対してはしっかり働きかける、という優秀な効果を発揮します。

 

また、サエルなどは植物由来成分を中心に配合した安心な美白化粧品です。敏感肌のための美白化粧品というコンセプトですので、使いやすいですね。しかも全額返金保証がありますので、まずは気軽にお試しということができるのも大きな魅力です。

 

こういった美白化粧品を慎重にお試ししながら、自分のお肌に合った、ストレスなく使えるものをセレクトしましょう!

関連ページ

高級品が良いわけじゃない!
シミやくすみといった肌悩みは頑固だから、高級なものを選ばなければ効果も得られないと考えている方が、少なくありません。確かに高価格だからこそ良い成分を配合できている美白化粧品もありますが、価格だけで選ぶというのは、決して良い方法とは言えないのです。
白い斑点ができるって!?
美白化粧品を使用して、白い斑点ができ、お肌がまだらになってしまう・・・そんな恐ろしいことが、実際に起こったケースがあります。しかもこれは、カネボウという大手の化粧品会社が発売した人気コスメが起こした事例。これに不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。