美白化粧品の美容液の効果的な使い方は?

美容液は用法・用量を正しく!

美白化粧品をラインで揃えると、大抵の場合は美白美容液が付いてきますよね。この美容液は、より高濃度な美白成分を配合したアイテム。つまり効果が高いわけですが、その分、使用時には注意も必要です。

 

美容液の量を確認!

美白化粧品の美容液は、化粧水のように「たっぷり使用すれば美肌になる」というものではありません。化粧水ならたっぷり浸透させた方が、お肌が潤って良い状態になりますが、美容液をたっぷり使用すると、お肌が栄養過多になり、負担を感じてしまうかもしれません。もちろん、高級だからとケチケチ使いすぎるのも良くありません。量が守れていないと、効果も半減してしまいます。

 

そこで、美容液を使用する際には、量をよく確認しましょう。各化粧品の説明書きに、1回の使用量がどの程度なのか書かれていますので、正しい量を毎日コツコツと使用していくことが大事です。

美容液の使い方をチェック!

美容液は、ただ適当にお肌に塗れば良いというものではありません。例えば使う順番でも、化粧水の前に使用するブースタータイプと、化粧水の後に使用するタイプがあります。また、顔全体に使用してくすみ改善に役立てるものもあれば、気になるシミだけに使うスポットケアタイプもあります。

 

これらをよく確認して、正しい使い方をしていきましょう。間違えた使い方では、効果が得られにくくなるだけでなく、成分の濃度が濃い分、思わぬ肌トラブルに繋がる可能性もあります。

しっかり馴染ませよう!

化粧水後のお肌はさっぱりしているけれど、美容液を使用すると、途端にお肌がベタベタと感じてしまうということもあります。これは、美容液は成分の濃度が濃いという点と、油分を含んでいるものが多いという点が原因になっていると考えられますね。もちろん、時間の経過と共にジワジワと馴染んでいき、ベタベタ感は軽減されていきます。

 

ですが、より早くベタベタ感を解消したい、しっかりお肌の内部に届けたいというのなら、よく馴染ませる工夫が必要になります。使用後にお肌を両手で包み込むようにして、優しくハンドプレスし、美容液をゆっくり馴染ませておきましょう。このひと手間をかけることで、不快なベタベタもかなり軽減され、気にならなくなるでしょう。

 

それでもベタベタ感じるものは、浸透力に問題があるのかもしれません。使用するアイテムを見直すことも必要ですね。

関連ページ

落とすケアから見直して!
美白というと、どうしても有効成分をお肌に届けるというところばかりに注目してしまいます。確かにそれは大切なスキンケアの1つですが、その前に、忘れてはならないステップがありますね。それが、クレンジングや洗顔といった落とすケアです。
化粧水はコットン使いがオススメ!
落とすケアが終わったら、次は化粧水を使います。化粧水はお肌に必要不可欠な水分を与える行程であり、また美白に有効な成分もしっかり届けるための行程でもあります。ここは特に大切にしたいですね。
乳液やクリームもきちんと!
乳液やクリームを使うのがイヤ、という女性は少なくありません。ですが、この乳液やクリームもきちんと使わないと、美白効果が得られにくくなるだけでなく、乾燥が進行して新たな肌悩みが出てくる可能性もあります。