美白化粧品の効果を上げるコツは?

落とすケアから見直して!

美白というと、どうしても有効成分をお肌に届けるというところばかりに注目してしまいます。確かにそれは大切なスキンケアの1つですが、その前に、忘れてはならないステップがありますね。それが、クレンジングや洗顔といった落とすケアです。

 

メイクや汚れが残っていると?

お肌にメイクや汚れが残っている状態だと、せっかく美白有効成分がたっぷり含まれた化粧品を使用しても、うまく浸透していきません。メイクや皮脂は油性の汚れですから、油が膜を張った状態で、水分である化粧水などを含ませることはできないのです。これでは、せっかくの優秀な成分もムダになってしまいますね。

 

それから、お肌に残ったメイクや皮脂汚れなどは、やがて酸化し、お肌にとっての刺激物となります。刺激を感じたお肌は、メラニン色素を生成して、刺激からお肌を守ろうとします。

 

つまり、これがくすみやシミの大きな原因になるというわけなのです。メイクや汚れが残っている状態というのは、美白効果が得られにくく、またお肌の状態をさらに悪化させてしまう可能性が高い状態であると言えますね。

しっかりクレンジングを!

そこで、まず基本となるのはクレンジングでしっかり汚れを落とすことです。とは言っても、ゴシゴシこするのは御法度です。こすると刺激を感じ、お肌がくすんでしまいます。

 

頑固なポイントメイクにはポイントメイクアップリムーバーを使用して丁寧に落しておきます。それから、クレンジングを顔の5点に置き、優しく丁寧に塗り広げてから、軽くマッサージします。クルクルと手の平を密着させながら優しく乳化させ、手がフッと軽くなったら、メイクがしっかり馴染んだ証拠です。あとは、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

洗顔で仕上げ!

クレンジングを丁寧に行っても、お肌にクレンジング自体が残ってしまったり、落としきれないメイクや皮脂汚れがあったり、というケースもあります。そこで登場するのが洗顔料です。水を少しずつ加えながら、空気を含ませるように手の平でかき混ぜ、ふわふわの弾力泡を作ります。これが難しいという方は泡立てネットなどを使うと良いですね。

 

この細かい泡でお肌の上を転がすようにして、優しく洗っていきます。手の平はお肌につかないくらいの優しさで洗えば、刺激になりにくいですね。こうしてクレンジングと洗顔を丁寧に行えば、その後の美白化粧品の浸透力も大きく変わってくるのです。

関連ページ

化粧水はコットン使いがオススメ!
落とすケアが終わったら、次は化粧水を使います。化粧水はお肌に必要不可欠な水分を与える行程であり、また美白に有効な成分もしっかり届けるための行程でもあります。ここは特に大切にしたいですね。
美容液は用法・用量を正しく!
美白化粧品をラインで揃えると、大抵の場合は美白美容液が付いてきますよね。この美容液は、より高濃度な美白成分を配合したアイテム。つまり効果が高いわけですが、その分、使用時には注意も必要です。
乳液やクリームもきちんと!
乳液やクリームを使うのがイヤ、という女性は少なくありません。ですが、この乳液やクリームもきちんと使わないと、美白効果が得られにくくなるだけでなく、乾燥が進行して新たな肌悩みが出てくる可能性もあります。