シミとホルモンバランスの関係は?

ホルモンバランスの変化でもシミが!

シミというと紫外線や外的刺激による、外側からの影響ばかり気にしてしまう方もいます。ですが実はこれには、体の内側の要因も大きく関係しているのです。特に大きいのが、ホルモンバランスの影響ですね。

 

代表的なのは肝斑!

ホルモンバランスの影響で起こるシミとして代表的なのが、肝斑です。これは褐色のシミで、両頬に左右対称に現れることが多くなっています。時には口周りなどが黒ずむといった症状や、目の周囲、額などに現れるケースもあるので、皮膚科で見てもらって診断してもらうのがベストでしょう。

 

肝斑はお肌が浅黒い方の方ができやすい傾向がありますので、特に注意が必要です。30~40代頃に発生しやすく、また中には、妊娠や出産を機に発生するということもあります。更年期などにも起こりやすく、これらの点からも女性ホルモンが大きく影響しているということが窺えますね。

肝斑が起こる原因

肝斑という頑固で目立つシミの原因になってしまうホルモンバランスの乱れ。シミとの関係性はまだはっきりと解明されたわけではないものの、妊娠中や経口避妊薬の服用などがきかっけで発生することが多いという点から、関係性が強いと考えられています。

 

さらに肝斑の原因としては、ストレスも大きく関係しているということも知られています。精神的なストレスを抱えると、それが原因でホルモンバランスが大きく乱れることもあり、肝斑を引き起こしてしまうのです。また、体の内側が原因とは言っても、発生しやすい部位はやはり、紫外線がよく当たる部位であることから、紫外線による影響もゼロではないと言われています。

ホルモンバランスの乱れによるシミ対策

肝斑のようにホルモンバランスの乱れによるシミに対策していくためには、まずは体の内側を整えることが大切です。もし妊娠やピルの服用が原因で肝斑が起こった場合には、担当医に相談してみると良いでしょう。日常生活で自分ができることとしては、規則正しい生活習慣を送り、ストレスを極力、溜めこまないようにすることですね。

 

それから、肝斑に関しては飲み薬と美白化粧品で改善が期待できます。有名なのはトラネキサム酸という成分で、これを服用することで内側から働きかけていくことができます。さらに美白化粧品によって外側からのケアも同時進行することで、より効果的に目立つ肝斑を解消していける可能性が高まりますね。

関連ページ

紫外線が主な原因
シミができる原因として、特に有名なのが紫外線によるものでしょう。多くの方が、「若い頃に日焼けしすぎたのが原因でシミに!」なんてことを嘆いていますよね。確かに紫外線は、シミを作る元凶となっているケースが多いので、しっかり対策しなければなりません。
刺激による色素沈着も!
例えばニキビができたところを触っていると、そのニキビ部分に色素沈着が残ってしまうということがありますよね。このように、お肌は刺激を与えると、その部分に色素沈着を起こしてしまうことがあり、これがシミの大きな原因になってしまったりするのです。