シミが発生する原因は?

シミが発生するのは紫外線が主な原因

シミができる原因として、特に有名なのが紫外線によるものでしょう。多くの方が、「若い頃に日焼けしすぎたのが原因でシミになってしまった!」なんてことを嘆いていますよね。確かに紫外線は、シミを作る元凶となっているケースが多いので、しっかり対策しなければなりません。

 

シミはお肌を守った結果!

シミはお肌の敵というイメージがありますが、実はこれは、紫外線のダメージからお肌を守ろうとした結果、起こってしまうものなのです。紫外線にはお肌の内部の細胞を傷つける作用があり、これをまともに受けると危険です。そこで、紫外線を浴びたお肌は自然と防御反応を起こすようにできています。

 

紫外線を浴びた際に、お肌の内部ではチロシナーゼという酵素が活発になります。そしてメラノサイトの中で、メラニンを生成してしまうのです。このメラニンがケラチノサイトに受け渡されることにより、細胞核が紫外線から守られています。

メラニン色素が沈着してシミに発展!

通常であれば、紫外線を浴びてメラニンが生成されてしまっても、お肌のターンオーバーにより改善されます。日焼けしても時間の経過と共に元のお肌に戻るのは、このためですね。ですが、ターンオーバーが乱れてしまったり、紫外線を過剰に浴びすぎた場合などに、メラニンが残ってしまうことがあります。これが、シミとなって後々肌表面に現れてくるのです。

 

つまり、紫外線によるシミは、日焼け対策をきちんとしなかったと同時に、お肌のターンオーバーが整わないような生活をしてきたことも大きな原因になっていると言えるのですね。

紫外線によるシミの対策

紫外線によるシミは、できてしまうと頑固で消えにくいという特徴があります。紫外線の中には真皮と呼ばれるお肌の奥深いところまで届くものもあり、そのダメージは甚大です。そのため、紫外線はシミ対策の意味でも、それ以外のお肌の健康のためにも、しっかり防ぐことが重要になります。

 

それでもシミができてしまったという場合には、美白化粧品を使ってできるだけ、シミを薄くする努力をしていきましょう。ハイドロキノンなどはシミが実際に薄くなる効果も期待できると言われているので、要チェックですね!

 

それから、ターンオーバーを整えることも大切なポイントになります。保湿力に優れた美白化粧品を選び、お肌を健やかに導きましょう。

関連ページ

刺激による色素沈着も!
例えばニキビができたところを触っていると、そのニキビ部分に色素沈着が残ってしまうということがありますよね。このように、お肌は刺激を与えると、その部分に色素沈着を起こしてしまうことがあり、これがシミの大きな原因になってしまったりするのです。
ホルモンバランスの変化でもシミが!
シミというと紫外線や外的刺激による、外側からの影響ばかり気にしてしまう方もいます。ですが実はこれには、体の内側の要因も大きく関係しているのです。特に大きいのが、ホルモンバランスの影響ですね。